#54331#

人生を「より良く、より豊かに」するためのヒントを届けたい

凡人がFX歴6年目にして辿り着いたトレードの聖杯

僕はFXを始めて6年目の年に、初めて年間を通して利益が出せるようになりました。これって大分遅い方だと思いますし、その結果が僕を凡人であると証明しています。

ただそんな凡人の僕でも、ようやくトレードにおける聖杯が見えてきた気がします。

聖杯という言葉が、何を指しているのか曖昧なところはありますが、「これをやれば勝てる」みたいなものを表していると思ってもらえればいいです。

凡人の僕にとっての聖杯は、「考え続けること」です。

 「考え続けること」なんて凄く抽象的な話ですし、そんな事が知りたくてこの記事を読みに来たんじゃないよって感じてるでしょうけど、これとても大事なことなんですよ。あなたが凡人なら特にね。

具体的な手法云々は「考え続けること」で自ずと見えてくるものですし、手法なんて勝てればそれでいいですからそこまで重要じゃないんです。

 考え続けることで起こるパラダイムシフト

負け続けてた時と、勝てるようになった時で何が違うか?っていうと相場に対する考え方が大きく変わってきたんですね。

取引で成功するためには人間性を捨てなければならない

これはデイトレードに出てくる一文ですが、まさにその通りだと思います。 

デイトレード マーケットで勝ち続けるための発想術

デイトレード マーケットで勝ち続けるための発想術

本の中では、容易な間違った選択ではなく困難な正しい選択をすること=人間性を捨てること、という意味で使われています。

トレードは人間の取りうる行動としてはとても不自然なもの。ただ考え続けることで、次第とその不自然な行動が自然とできるようになってきたように思えます。

例えば、

  • 相場があまり気にならなくなる(チャート監視時間の減少)
  • 1つのトレードに一喜一憂しなくなる
  • 一回のトレードだけで大きく勝とうとしない
  • 失敗をすぐ認める(損切りを早くする)
  • 焦らない(チャンスをしっかりと待てる)

などなど。

 欲が強い時はこれらのことが全然できてなかったなーと思います。まぁ、稼ぎたくてFXを始めたのだから、欲があるのは当然なんですけど。

欲望を満たすために始めたのに欲を手放さないと勝てないという矛盾。

そういうことに気付けたのも、利益を出すためにはどうしたらいいのか、を「考え続けた」からですね。

退場しては意味がない

トレードの聖杯が「考え続けること」ならば、相場から退場しては意味がありません。

ツイッターとかでたまに見ますけど、資金を吹っ飛ばして退場とかってなると、ものすごくもったいないなーって思います。もしかしたら、あと少しで花開いたかもしれないのに。。。

ホームランは敗者のためにある

こちらの一文もデイトレードからの引用になりますが、 一発逆転を狙うことそのものが初心者の証であるということを示唆してますね。

ハイレバレッジを否定はしませんが、退場と隣り合わせであることは常に意識しておくべきなのかなって思います。

退場しないことも聖杯を構成する大事な要素ですからね。

そのためには適切なリスク管理・資金管理が重要になってきます。

ken-fx-trade.hatenablog.com

資金(元本)ができるだけ多く用意する

少額から始めたとしても、大きく稼げる可能性があるのがFXの魅力ですが、基本的にはトレード資金が潤沢な人の方が稼ぎやすいです。

この事実から目を背けてはいけません。

口座資金10万円の人が1万円の利益を上げるのと、口座資金100万円の人が1万円の利益上げるのと、どちらが簡単かなんて明らかですよね?

どちらにしても利益は同じ1万円。だったら、簡単な方を選ぶのが賢い選択じゃないですか?

もちろん、そんなに大きな金額を入金できないって人もいるかもしれませんね。

別に一気に入金する必要はないと思います。毎月少しづつでも口座に積み立てていけばいいのかなって。

まとめ

僕のような凡人にとってのトレードの聖杯とは、

  • どうやったら勝てるかを考え続けること
  • 続けるために退場しないこと

この2点に加えて、できるだけ資金を多く用意することですね。

ただ、勝ち方とか利益が出せるイメージが見えない中で考え続けることって結構難しいし、何より辛いんですよね。

「このまま続けても勝てるようになるのかな?」

「これ続ける意味ってあるのかな?」

そんな不安が頭をよぎることも多いですし。

求める結果が出るようになるまでにどれくらいの時間がかかるかも分からないですからね。だからトレードを何年も継続するって、それだけでも結構難しいんです。

だから続けてるあなたはすごいし、これからもお互いに引き続き頑張っていきましょう!