#54331#

人生を「より良く、より豊かに」するためのヒントを届けたい

出来高トレードの基本

僕はトレードをする上で重要視しているのが出来高です。

なぜなら、出来高を観察することによって相場が売りと買いのどちらに傾いているかを判断することができるからです。

売りと買いの歪みが発生していることが分かれば、その方向にエントリーするだけなんでトレードはもの凄く楽になりますよ。

出来高とは?

出来高とは簡単に言うと、どれだけ売り買いがあったかどうかを表すものです。

  • 出来高が大きい→売買が多かった
  • 出来高が少ない→売買が少なかった 

この売買量が多いか少ないかが、売り買いの傾きを読むのに大事な指標になります。

当ブログにおける出来高の定義は下の記事に記してあります。細かく知りたい方はそちらをご覧ください。(別に見なくても問題はないです。)

ken-fx-trade.hatenablog.com

 出来高の見方

ただ出来高が増えたor減ったを見るのではなく、出来高の増減+それ以外の要素からポジションの偏りを推測します。

そこまで難しくはありません。普段の環境認識にちょっとひと手間かけるイメージです。

出来高が増えた時の状況を確認する

出来高が増えていた場合、その時のローソク足はどんな形状なのか? 

f:id:ken_fx_trade:20201108055259p:plain

出来高が増えた時のローソク足の形状を確認する

ローソク足の形から、その時の相場の売り買いの強弱って何となく分かりますよね?

この画像の場合、

  • ローソク足の実体は小さい
  • 上下にヒゲがある(特に上ヒゲが長い)

下に水平線があるので反発しましたが、上から一気に抑えられています。つまり売りも買いも拮抗しており、その結果実体の小さいローソク足になっています。

上ヒゲが長い分、売りの方が少し強そうですね。

事実から推測をする

このローソク足出来高が多いってことは、このローソク足を形成するときに売買が活発にあったということです。

ということはここでサポートラインを背に買いも新規でポジションを持った人が多くいる可能性ありますよね?

ここで新規で買いを入れたとしてその人たちが損切りを置くのは多分サポートされてるラインになると思います。

つまり同じ量のストップ注文がその損切りラインに入ってそうじゃないですか?

更に言うと、上ヒゲが長い=売りが強い事実を突きつけられた買い側は早々にポジション投げたくなると思いません?僕が買い方でこのローソク足出たら、さっさと損切りしたいと思いますね。

って所まで考えると、売りで入る方が優位性高いんじゃない?ってなるわけです。

実際に下の記事のトレードはこのように考えてエントリーしました。

ken-fx-trade.hatenablog.com

 

出来高が増えた時、それはチャート上重要なポイント(価格)だったのか?

f:id:ken_fx_trade:20201117121641p:plain

出来高が増えたチャートポイント確認する

出来高が増えた時、そこはチャート上重要なポイントかもしれません。

例えば水平線があった場合、

といったような動きがありそうですよね。

画像の場合はどういうシチュエーションだと思いますか?

その時、何か重要な経済指標や要人発言があったのか?

 各国中銀から発表される金融政策や総裁の発言があったのか?(FRB、日銀、ECB、BOEなど。厳密に言えばFRBは銀行ではないけど)

政治家など各国要人の発言があったのか?

どこかで有事(災害や軍事的なもの)が発生したのか?

他金融市場(株式、債券、金・原油等)で何か大きな動きがあったのか?

なども出来高が大きく増える要素ですね。

それらのニュースを受けて、市場参加者はどのような考えになるでしょうか?

すべてを総合的に考える

今までのようなことを確認するのは、出来高が増えた要因と、それにより市場参加者の感情がどう傾いたのか?を推測するためです。

感情の偏り=ポジションの偏りですし、それがその後の一方的な値動きに繋がるので。

全てはその流れに乗るためです。

 ポジションの偏りが見えてきたら、それに合わせてエントリーするだけですからね。

 そんなにチャンスは多くないですけどw

まとめ

出来高トレードの魅力は、ポジションの偏りが見える所。

難点としては、ちょっと想像力がいるかも?

でも営業とか販売とか対人でのお仕事してる人はそんなに難しくないかも。

そうじゃない人はちょっとトレーニングが必要?かもしれませんね。

詳しく知りたい方は、こちらの本がオススメです。

出来高・価格分析の完全ガイド ──100年以上不変の「市場の内側」をトレードに生かす

出来高・価格分析の実践チャート入門

相場心理を読み解く出来高分析入門 ──アームズ・インデックスによる勝利の方程式